2158 FRONTEO 東証M 15:00
835円
前日比
-13 (-1.53%)
比較される銘柄: インテージHシルバエッグメタップス
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.19

銘柄ニュース

戻る
2015年12月17日16時37分

UBIC、人工知能を活用しメガバンク法人向け業務高度化の取り組みを支援

 UBIC<2158>がこの日の取引終了後、独自のアルゴリズムLandscaping(ランドスケイピイング)を用いた人工知能「KIBIT(キビット)」を活用して、三菱東京UFJ銀行の法人向け銀行業務の一部の分野を支援すると発表した。

 「KIBIT」は、専門家が自己の経験にもとづいて、重要と感じ取る“暗黙知”や“感覚”を学習し、対象となるテキストデータを関連性の高い順に点数付けして表わすことができるというもの。人間の手で1件ごとにデータを検索するより早く、高い精度で欲しい情報を抽出できる高度な情報解析技術を実現しているのが特徴となっている。

 今回の導入では、三菱東京UFJ銀行の法人向け業務の一部の分野で蓄積されたさまざまなテキストデータの解析を行う。業務の効率化を図るだけでなく、顧客の課題解決や提案つながるような金融サービス向上に繋がるとして、試験的な導入に至ったとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均