市場ニュース

戻る

【市況】NY外為:ドル・円心理的節目114.00円まで、ブレイナード次期FRB副議長候補は高インフレ懸念表明

米ドル/円 <日足> 「株探」多機能チャートより

ブレイナード米FRB理事は上院銀行委員会の副議長指名承認公聴会で、インフレが高すぎるとし、インフレを低下させることが最優先課題だと主張した。また、FFが主要手段だと言及。また、資産購入終了にともない速やかに利上げが可能だとの考え。

また、バーキン米リッチモンド連銀総裁は経済見通しを巡る討論会に参加し、利上げのタイミングやスピードは物価が低下する速さ次第だとの考えを示した。

30年債入札を控え米国債相場は続伸。10年債利回りは1.72%まで低下した。
ドル・円は心理的節目114円00銭まで下落した。

《KY》

 提供:フィスコ

日経平均