市場ニュース

戻る

【材料】ダック・クリークが決算受け時間外で株価下落=米国株個別

 損害保険業界向けのコアシステムを提供するダック・クリーク<DCT>が引け後に6-8月期決算(第4四半期)を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。ガイダンスも公表し、通期の売上高見通しが予想を下回ったことが嫌気されている。決算受け時間外で株価は大幅安。

(6-8月・第4四半期)
・1株利益(調整後):0.02ドル(予想:0.01ドル)
・売上高:7090万ドル(予想:6910万ドル)
・EBITDA(調整後):476万ドル(予想:388万ドル)

(9-11月・第1四半期見通し)
・売上高:7090万ドル(予想:6910万ドル)
  サブスク:3400~3500万ドル
・EBITDA(調整後):250~350万ドル(予想:223万ドル)

(通期見通し)
・売上高:2.92~3.00億ドル(予想:3.03億ドル)
  サブスク:1.51~1.55億ドル
・EBITDA(調整後):1600~1800万ドル(予想:1540万ドル)

(NY時間17:37)時間外
ダック・クリーク<DCT> 41.76(-4.47 -9.67%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均