市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:1ドル109円80銭前後で推移、ゴトー日に伴うドル買いを意識

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 17日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=109円80銭前後と前日の午後5時時点に比べ40銭強のドル高・円安となっている。

 16日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=109円73銭前後と前日に比べ30銭強のドル高・円安で取引を終えた。米8月小売売上高や9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が市場予想を上回ったことから米景気の鈍化懸念が後退。米長期金利が上昇するなか、一時109円83銭までドル高・円安が進んだ。

 この流れを引き継いだ東京市場は堅調な展開で、日経平均株価が反発していることも支援材料。きょうは3連休前の実質ゴトー日(5のつく日と10のつく日)であることから国内輸入企業のドル買い・円売りが意識されやすい面もあり、ドル円相場は109円80銭前後での推移となっている。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1759ドル前後と前日の午後5時時点に比べて0.0020ドル強のユーロ安・ドル高。対円では1ユーロ=129円12銭前後と同30銭弱のユーロ高・円安で推移している。


出所:MINKABU PRESS

日経平均