市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 田中化研、アサヒ、AGC (2日大引け後 発表分)

田中化研 <日足> 「株探」多機能チャートより

 2日の大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 田中化研 <4080> [JQ]  ★4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・通期計画を超過
 ◆22年3月期第1四半期(4-6月)の経常損益(非連結)は3.1億円の黒字(前年同期は3.6億円の赤字)に浮上して着地。車載用のリチウムイオン電池向け材料やニッケル水素電池向け材料の販売が大きく回復したことが寄与。主原料であるニッケルとコバルトの相場が上昇したことも利益拡大につながった。
  通期計画(7億円の赤字)は据え置いており、業績上振れが期待される。

 アサヒ <2502>   ★上期最終を33%上方修正・2期ぶり最高益更新へ
 ◆21年12月期上期(1-6月)の連結最終利益を従来予想の595億円→793億円に33.3%上方修正。増益率が97.1%増→2.6倍に拡大し、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。コロナ影響を受けた酒類事業は計画を下回ったものの、オセアニアを中心とした国際事業や飲料事業の好調に加え、円安による収益押し上げ効果などで補った。イタリアでパンデミック対応として採択された税制に基づき、法人所得税費用が減少したことも上振れに貢献した。

 あすか薬HD <4886>   ★4-6月期(1Q)経常は35%増益、対通期計画89%進捗
 ◆22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比34.7%増の13.2億円に拡大して着地。「チラーヂン」「リフキシマ」「レルミナ」など主力製品が堅調に推移するなか、先発品の販売比率向上で採算が改善したことが利益を押し上げた。
  第1四半期実績だけで、通期計画の15億円に対する進捗率は88.6%に達しており、業績上振れが期待される。

 長谷川香料 <4958>   ★今期経常を一転12%増益に上方修正、配当も6円増額
 ◆21年9月期の連結経常利益を従来予想の57億円→65.6億円に15.1%上方修正。従来の2.7%減益予想から一転して11.9%増益見通しとなった。中国子会社と米国子会社の業績が想定以上に好調で、売上高が計画を上回ることが利益を押し上げる。
  業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の44円→50円(前期は40円)に増額修正した

 AGC <5201>   ★今期税引き前を32%上方修正、配当も70円増額
 ◆21年12月期の連結税引き前利益を従来予想の1420億円→1870億円に31.7%上方修正。増益率が2.5倍→3.3倍に拡大する見通しとなった。今期業績の上方修正は4月に続き、2回目。東南アジアにおける塩化ビニール樹脂の販売価格が想定より高い水準で推移することが寄与。北米建築用ガラス事業の譲渡に伴い、譲渡益250億円を計上することも利益を押し上げる。
  併せて、業績上振れによる普通配当20円と、事業譲渡に伴う特別配当50円を実施する形で、今期の年間配当を従来計画の140円→210円(前期は120円)に大幅増額修正した。

 ニチアス <5393>   ★4-6月期(1Q)経常は2.2倍増益で着地
 ◆22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の72億円に急拡大して着地。旺盛な半導体需要を背景に高機能製品の販売が大きく伸びたほか、自動車部品や工業製品などが回復したことが寄与。為替差損益の好転も大幅増益に貢献した。
  上期計画の93億円に対する進捗率は77.5%に達しており、業績上振れが期待される。

 荏原 <6361>   ★上期税引き前を38%上方修正・最高益予想を上乗せ
 ◆21年12月期上期(1-6月)の連結税引き前利益を従来予想の185億円→255億円に37.8%上方修正。増益率が65.7%増→2.3倍に拡大し、従来の3期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。コロナ影響からの復旧による建築設備市場の持ち直しやコンプレッサ・タービン事業の収益性改善、半導体市場における需要拡大や案件ミックスの影響などが要因。

 ティラド <7236>   ★4-6月期経常は22億円の黒字に浮上、最大60万株の自社株買い実施へ
 ◆22年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は22.7億円の黒字(前年同期は6.1億円の赤字)に浮上して着地。コロナ影響で低迷した自動車用熱交換器などの販売が国内や中国を中心に回復し、30.2%の増収を達成したことが寄与。
  上期計画の27億円に対する進捗率は84.1%に達しており、業績上振れが期待される。
  併せて、発行済み株式数の8.29%にあたる60万株または15億円を上限に自社株買いを実施すると発表。

 ダイトロン <7609>   ★今期経常を40%上方修正・3期ぶり最高益、配当も15円増額
 ◆21年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比82.1%増の23億円に拡大し、従来予想の14億円を上回って着地。5GやAI、IoTに関連する設備投資や半導体需要の拡大を背景に、通信デバイス関連装置、電子部品、組み込み機器、画像関連機器などの販売が好調だったことが寄与。
  併せて、通期の同利益を従来予想の27.5億円→38.5億円に40.0%上方修正。増益率が12.9%増→58.0%増に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
  業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の55円→70円(前期は50円)に増額修正した。

 ルックHD <8029>   ★上期経常を一転9.5億円の黒字に上方修正
 ◆21年12月期上期(1-6月)の連結経常損益を従来予想の3.5億円の赤字→9.5億円の黒字(前年同期は5.4億円の赤字)に上方修正した。ライフスタイルブランドのEC売上高が計画を上回ったことに加え、韓国でインポートブランドの販売が好調だったことが寄与。経費削減などで販管費が減少したことも上振れに貢献した。

株探ニュース

日経平均