市場ニュース

戻る

【材料】クロックスが決算受け上昇 利益率が大きく改善=米国株個別

 靴メーカーのクロックス<CROX>が上昇。4-6月期決算(第2四半期)を発表しており、1株利益、売上高とも予想を大きく上回った。特に利益率の改善が顕著で、粗利益率は61.7%と予想を大きく上回った。営業利益率も30.5%に上昇している。また、通期の売上高見通しも公表しており、売上高を前年比60%-65%増と従来見通しから大幅に上方修正した。

 アナリストからも高評価が指摘されており、「第2四半期の1株利益と売上高は期待を打ち負かし、粗利益率は大幅な改善を見せた。弱気派がこれらの結果をどう受け止めるか注目だ」と述べた。「今回は投資判断を『中立』で維持するが、再検討中だ」とも語った。

(4-6月・第2四半期)
・1株利益(調整後):2.23ドル(予想:1.59ドル)
・売上高:6.41億ドル(予想:5.67億ドル)
・粗利益率(調整後):61.7%(予想:56.0%)
・営業利益率:30.5%
・卸売り:112.1%増

(通期見通し)
・売上高:60~65%増(従来:40~50%増)
・営業利益率:15%(従来:22~24%)

(NY時間10:48)
クロックス<CROX> 127.36(+7.38 +6.15%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均