市場ニュース

戻る

【材料】チポトレが決算受け上昇 メニューの値上げが後押し=米国株個別

 メキシコ料理のファストフード店を手掛けるチポトレ・メキシカン・グリル<CMG>が上昇。前日引け後に4-6月期決算(第2四半期)を発表しており、既存店売上高が予想を上回ったほか、1株利益も予想を上回った。売上高は予想範囲内。なお、第3四半期のレストランの既存店売上高は2桁台前半から半ばを見込んでいる。

 今回の決算を受けてアナリストの目標株価の引き上げが複数伝わっている。「同社の売上高は引き続き堅調で、メニューの値上げが後押ししており、好位置にあるようだ」と述べた。

 「既存店売上高が引き続き好調で、自身の売上高予想と目標株価引き上げを促した。メニューの値上げ、外食市場の回復、強力なデジタル販売推進の維持が第3四半期の既存店売上高の伸び加速を導く」と指摘している。食材費および賃金の上昇は利益率拡大を抑制するが、値上げにより吸収できると予想している。

(4-6月・第2四半期)
・既存店売上高:31.2%(予想:29.8%)
・1株利益(調整後):7.46ドル(予想:6.53ドル)
・売上高:18.9億ドル(予想:18.8億ドル)
・店舗の営業利益率:24.5%(予想:23.7%)
・店舗出店数:56件(予想:43件)

(NY時間09:56)
チポトレ<CMG> 1707.96(+133.61 +8.49%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均