市場ニュース

戻る

【特集】オープンドア Research Memo(7):引き続き内部留保の充実を優先し、業績拡大による株価上昇で株主に報いる

オープンドア <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元策

オープンドア<3926>は、株主に対する利益還元を経営上の重要施策であると認識しているが、高い成長を持続することにより株主に報いることも重要な経営課題と考えている。このため、同社はこれまで成長につながる内部留保を優先し、配当を行っていない。将来的には、各期の業績や財務体質を勘案しつつ利益還元を検討していく方針だが、当面は業績拡大を図り、1株当たり当期純利益の増大により企業価値(=時価総額)を高めていくことが、一番の株主還元と考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 石津大希)

《YM》

 提供:フィスコ

日経平均