市場ニュース

戻る

【材料】スピリット航空が営業改善の傾向示す ただ、株価は伸び悩む=米国株個別

 スピリット航空<SAVE>が4-6月期の業績について米証券取引委員会(SEC)にガイダンスの文書を提出しており、営業収益は改善が見られており、EBITDAマージンも若干の上昇が予想されると報告した。営業費用については従来8.85億ー8.95億ドルを見込んでいたが、その範囲の8.85億ドルの良い方向に沿って進捗しているとしている。

 これを受けアナリストから、投資判断の「買い」への引き上げと目標株価の42ドルへの引き上げが伝わっている。

 ただ、同社株は買い先行で始まったもののの、買いが一巡すると戻り売りに押され、前日付近に伸び悩む展開がみられている。

(NY時間10:54)
スピリット航空<SAVE> 34.06(+0.06 +0.18%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均