市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:1ドル109円60銭台で推移、重要イベント控え模様眺め

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 10日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=109円62銭前後と前日の午後5時時点に比べ20銭弱のドル高・円安となっている。

 9日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=109円63銭前後と前日に比べ10銭強のドル高・円安で取引を終えた。米長期金利の低下を受けて一時109円23銭まで軟化したものの、8日の安値109円20銭が意識されるかたちで切り返した。

 とはいえ、今晩に米5月消費者物価指数(CPI)の発表や欧州中央銀行(ECB)理事会の開催を控えて積極的には動きにくく、この日の東京市場は模様眺めムードが強い状況。ゴトー日(5のつく日と10のつく日)に伴う国内輸入企業のドル買い・円売り思惑から109円68銭と前日の高値(109円66銭)を上回る場面もあったが、追随買いが広がるまでには至っていない。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.2173ドル前後と前日の午後5時時点に比べ0.0010ドル弱のユーロ安・ドル高。対円では1ユーロ=133円44銭前後と同10銭強のユーロ高・円安で推移している。


出所:MINKABU PRESS

日経平均