市場ニュース

戻る

【市況】<週末コメント> ─ 来週の相場展望 ─ 2021年4月9日

   今週の日経平均終値は2万9768円で、前週末比85円安でした。

 今週は日経平均が3万円の大台を回復する場面が何度か見られましたが、いずれも長居はできず、すぐに大台割れとなるシーンが続いています。いずれ大台へ定着できる日が来るとは思われますが、新年度に入って新規資金の流入があまり見られず、今のところは2万9000台と3万円台の往来を強いられているような格好です。バリュー株を代表する指数トピックスは小幅ながらも3週連続で下落。年度末に強かったバリュー株中心に新年度の益出し売りが続いている様子がうかがえます。かなりの高値圏で迎えた4月相場は押し目に小口の新規資金、上値では利益確保の益出し売りがあって、需給面では完全なサンドイッチ状態になっているようです。この動きは今しばらく続きそうで、3月決算銘柄の業績発表が始まるGW前後まで続く可能性はあるでしょう。国内では新型コロナの新規感染者が今後も増える見込みで、当初の企業予想(今期業績予想)は控えめな数字となることから、仮に3万円台に入っても大きく上値を伸ばす展開は難しいかもしれません。(ストック・データバンク 編集部)

日経平均