市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:日経平均強含みもドルは一時103円53銭まで下落

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

13日午前の東京市場でドル・円は、引き続き103円50銭台で推移。リスク選好的な取引は抑制されており、ドル・円は一時103円53銭まで下落。日経平均は161円高で午前の取引を終えたが、具体的なドル買い材料が提供されない場合、ドルの下げ幅はさらに拡大する可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円53銭から103円85銭で推移。ユーロ・円は126円44銭から126円76銭で推移、ユーロ・ドルは1.2202ドルから1.2218ドル。

・NY原油先物(時間外取引):高値53.41ドル 安値53.26ドル 直近53.38ドル

【売買要因】
・新型コロナウイルスの変異種の感染拡大
・英国と欧州連合(EU)による自由貿易協定の暫定発効
・米国分断懸念、社会不安

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均