市場ニュース

戻る

【通貨】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆ユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低い見通し

ユーロ/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。新型コロナウイルスのワクチン接種は3月ないし4月にかけて拡大すると予想されている。ただ、ドイツは都市封鎖を長期化することを検討していること、米国の政治不安は消えていないことから、ユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・ECBはユーロ高を監視へ
・ウイルス変異種の感染拡大を受けてドイツは規制強化延長の可能性
・米国の政治不安で安全逃避のユーロ売り・米ドル買いが増える可能性

【ユーロ買い要因】
・英国と欧州連合(EU)の通商関係は新たなステージへ
・欧米株高、ECBによる経済支援的な金融政策
・欧州におけるウイルスのワクチン接種拡大への期待

《CS》

 提供:フィスコ

日経平均