市場ニュース

戻る

【市況】NY金:反発、時間外取引で2005.40ドルまで上昇


COMEX金12月限終値:1985.90 ↑19.10

7月31日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前営業日比+19.10ドルの1オンス=1985.90ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1971.40ドル-2005.40ドル。31日のロンドン市場(通常取引開始前の時間外取引)において2005.40ドルまで一段高となったが、ニューヨーク市場では利益確定を狙った売りが優勢となり、一時1975.80ドルまで売られる場面があった。ただ、押し目買い興味は残されており、1995.00ドルまで戻している。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均