市場ニュース

戻る

【材料】Aimingが大幅3日続伸、上期営業損益は赤字ながら計画上振れ

Aiming <日足> 「株探」多機能チャートより
 Aiming<3911>が大幅高で3日続伸している。30日の取引終了後に発表した第2四半期累計(1~6月)単独決算は、売上高24億3400万円(前年同期比17.8%減)、営業損益1億8100万円の赤字(前年同期3億7500万円の赤字)となった。ただ、営業損益は従来予想の3億6500万円の赤字から改善しており、これが好材料視されているようだ。

 第2四半期に見込んでいた受託案件の売り上げが、第3四半期以降に後倒しとなったものの、オンラインゲーム事業で、有名IPとのコラボレーションを実施した「剣と魔法のログレス いにしえの女神」やサービス開始1周年を迎えたプレイステーション4版「CARAVAN STORIES」が好調に推移した結果、売上高は予想を上回った。また、前述の受託案件に伴う開発費用を仕掛品へ計上したことで、売上原価が予想を下回り、利益を押し上げた。

 なお、20年12月期通期業績予想は開示しておらず、第3四半期累計(1~9月)業績予想を発表しており、売上高77億8600万円(前年同期比83.1%増)、営業利益10億100万円(前年同期6億6600万円の赤字)を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

日経平均