市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ラクス、Sansan、ファナック

ラクス <日足> 「株探」多機能チャートより
■イズミ <8273>  4,055円  +700 円 (+20.9%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率2位
 イズミ<8273>がストップ高の4055円に買われている。14日の取引終了後、未定としていた21年2月期の連結業績予想を発表しており、売上高7019億円(前期比5.7%減)、営業利益332億円(同4.1%増)と営業増益を見込み、年間配当を前期並みの80円を維持するとしたたことが好感されている。第1四半期に本格化した国内における新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かうにつれ、第2四半期以降、店舗運営などの事業活動が正常化していくと予想しているという。なお、同時に発表した第1四半期(3~5月)決算は、売上高1490億5500万円(前年同期比19.0%減)、営業利益63億500万円(同4.4%減)だった。

■ラクス <3923>  2,343円  +400 円 (+20.6%) ストップ高   11:30現在
 ラクス<3923>が急騰し、ストップ高の2343円に買われている。14日の取引終了後、従来未定としていた21年3月期の連結業績予想について、売上高146億7000万円(前期比26.4%増)、営業利益32億9000万円(同2.8倍)、純利益23億4000万円(同2.9倍)と大幅増益を見込むとしたことが好感されている。緊急事態宣言解除後、停滞していたクラウド事業の商談が動き出し、新規受注が回復傾向にあることや、遅れていたIT人材事業のアサイン活動が6月から再開し、徐々にアサインが進む見通しとなったことなどから、大幅増益を見込むとしている。同時に、6月度の月次売上高を発表しており、全社売上高は前年同月比34.3%増と2ケタ増収が続いた。なお、成長の牽引役である「楽楽精算」は同43.7%増となった。

■Sansan <4443>  5,600円  +320 円 (+6.1%)  11:30現在
 Sansan<4443>が反発している。14日の取引終了後に発表した21年5月期連結業績予想で、売上高157億6700万~163億200万円(前期比18.0~22.0%増)、営業利益7億5700万円~10億1000万円(同横ばい~33.4%増)と最大で33%営業増益を見込んでいることが好感されている。主力の法人向けサービスで契約件数の拡大と契約当たり売上高の増加を見込む。成長率の再加速に向けた投資の強化を行うものの、前年並み以上の営業利益を確保する見通し。また、経常利益や最終利益も黒字を見込んでいるが、精緻化が困難であるとして非開示としている。なお、20年5月期決算は、売上高133億6200万円(前の期比30.9%増)、営業利益7億5700万円(前の期8億4900万円の赤字)、最終利益3億3900万円(同9億4500万円の赤字)だった。

■いちご <2337>  268円  +15 円 (+5.9%)  11:30現在
 いちご<2337>が商いを伴い急伸。不動産再生事業と太陽光発電を手掛けるが足もとの業績は苦戦しているものの、株価的には織り込みが進んでいた。14日取引終了後、21年2月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の62億円~129億円から74億円~129億円(上限で前期比53.5%減)に上方修正したほか、未定だった年間配当を7円としたことでこれを評価する買いを呼び込む格好となった。株価はマドを開けて買われ、25日移動平均線とのマイナスカイ離を一気に解消している。

■ファナック <6954>  21,120円  +895 円 (+4.4%)  11:30現在
 ファナック<6954>など設備投資関連が総じて高い。ここ中国・上海株市場の上昇が注目を集めていたが、最近発表された同国の経済指標も好調な内容が相次いでおり景気回復への期待が高まっている。前日の米国株市場ではキャタピラーが5%近い上昇を示すなど中国向け売上高比率の高い銘柄の上昇が目立っており、東京市場でも同じ切り口でFA関連株に物色の矛先が向いている。ただ、一方では「香港国家安全維持法」を成立させた中国と米国の関係悪化が懸念されており、買い一巡後は伸び悩む可能性もある。

■国際石油開発帝石 <1605>  641.5円  +19.1 円 (+3.1%)  11:30現在
 国際石油開発帝石<1605>やENEOSホールディングス<5020>、出光興産<5019>など石油関連株が高い。前日の米国市場で景気敏感株に見直し買いが入り、エクソン・モービルなどが上昇するなか、この日の東京市場でも国際石開帝石などへの買いが流入している。米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の8月限が、前日比0.19ドル高の1バレル=40.29ドルと堅調だったことも買い安心感を呼んだ。

■日経レバ <1570>  20,050円  +560 円 (+2.9%)  11:30現在
 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>が大幅高で2万円大台を回復。2万円台回復は6月11日以来約1カ月ぶりとなる。日経レバは日経平均に連動するETFで変動率が2倍に基本設定されており、目先米国株主導のリスクオン相場に乗る形で600円近い上昇をみせている。売買代金は全市場を通じてソフトバンクグループ<9984>と首位を争う状況にある。信用取組は信用倍率1.2倍台と売り買い拮抗、日証金ベースでは貸借倍率0.48倍と大幅に売り長となっている。

■ニトリホールディングス <9843>  22,520円  +465 円 (+2.1%)  11:30現在
 ニトリホールディングス<9843>が反発、一時535円高の2万2590円まで買われ、9日につけた上場来高値2万2675円奪回を視野に入れている。新型コロナウイルスの影響で個人消費全般は冷え込んだが、同社は好調な収益を確保しており、消費関連の勝ち組企業として継続的な買いを集めている。企業のテレワーク導入の動きが加速するなか、机やイスなど在宅勤務に絡む家庭用オフィス家具の需要拡大が追い風となっている。時価総額は2兆5000億円を超え、ブリヂストン<5108>や富士フイルムホールディングス<4901>などを既に上回っている。

■クリレスHD <3387>  547円  -29 円 (-5.0%)  11:30現在  東証1部 下落率9位
 14日に決算を発表。「非開示だった今期最終は赤字転落へ」が嫌気された。
 クリエイト・レストランツ・ホールディングス <3387> が7月14日大引け後(17:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。21年2月期第1四半期(3-5月)の連結最終損益は73億円の赤字(前年同期は15.3億円の黒字)に転落した。
  ⇒⇒クリレスHDの詳しい業績推移表を見る

■ユーピーアール <7065>  4,390円  -205 円 (-4.5%)  11:30現在
 ユーピーアール<7065>は続落している。14日の取引終了後に発表した第3四半期累計(19年9月~20年5月)連結決算が、売上高94億1800万円(前年同期比8.8%増)、営業利益9億2300万円(同31.5%増)、純利益7億6500万円(同65.6%増)と大幅増益となったが、株価は直近で上昇基調にあっただけに、目先の材料出尽くし感から利益確定売りが出ているようだ。物流業界の更なる効率化・省力化や、新型コロナウイルスの影響によるトイレットペーパーが店頭で不足したことなどを受けて、家庭紙業界のパレット輸送の重要性が改めて認識され、レンタルパレットの需要が高止まりしたことが業績を牽引した。なお、20年8月期通期業績予想は、売上高125億円(前期比7.1%増)、営業利益9億7500万円(同28.8%増)、純利益7億7500万円(同35.2%増)の従来見通しを据え置いている。

■ゆうちょ銀行 <7182>  831円  -6 円 (-0.7%)  11:30現在
 ゆうちょ銀行<7182>は3日ぶりに小反落。SMBC日興証券は14日、同社株の投資評価「2」を継続するとともに、目標株価は1000円から750円に引き下げた。株価純資産倍率(BPS)の減少などを反映して目標株価を引き下げた。同社は第1四半期(4~6月)の決算発表を来月7日に予定しているが、同期は特別分配金負担が多くでると想定されるため、純利益は100億円前後と通期計画(2000億円)に対する進捗率は5%程度と低い水準を見込んでいる。ただ、21年3月通期では外貨調達コスト・特別分配金ともに会社計画を下回るとみられることから同利益は計画を上回る約2600億円、配当は50円の継続を見込んでいる。

■三菱UFJ <8306>  423.4円  -1.1 円 (-0.3%)  11:30現在
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>などメガバンクは売り買い交錯、全体相場が買い優勢に傾くなか強弱感が対立している。米大手金融機関の決算発表が相次ぐなか、株価は決算内容によって明暗を分ける展開となっている。日本でもメガバンク各社の決算が7月下旬から8月初旬にかけて相次いで発表されるが、新型コロナウイルスの影響に伴う与信リスクなどが意識され、積極的な買いが入りにくい。一方、メガバンク各社は多額の貸倒引当金を積む計画を既に開示していることで、過度に懸念する必要性は乏しいとの見方も出ている。

■ロコンド <3558>  1,759円  +300 円 (+20.6%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ロコンド<3558>がストップ高の1759円水準でカイ気配となっている。14日の取引終了後、従来未定としていた21年2月期の連結業績予想を発表しており、売上高100億円(前期比16.6%増)、営業利益15億円(前期8300万円の赤字)、最終利益12億円(同2億5600万円の赤字)と3期ぶりの営業最高益更新を見込むとしたことが好感されている。新型コロナウイルス感染症の影響や外出自粛による靴の需要減で取扱高は大幅ダウンしたものの5、6月の商品取扱高の推移に回復基調が見られたことや、7月20日に株式取得を予定しているFashionwalker(ファッションウォーカー)の統合効果、及びD2Cビジネスへの取り組みなどを織り込んだとしている。なお、同時に発表した第1四半期(3~5月)決算は、売上高19億5500万円(前年同期比10.7%減)、営業利益1億4500万円(前年同期1億7000万円の赤字)、最終利益8800万円(同1億8500万円の赤字)だった。

■シンメンテ <6086>  906円  +150 円 (+19.8%) ストップ高   11:30現在
 シンメンテホールディングス<6086>はストップ高の906円に買われている。14日の取引終了後、従来未定としていた21年2月期連結業績予想を発表しており、売上高155億2200万円(前期比1.0%減)、営業利益8億1200万円(同3.7%減)、純利益5億800万円(同14.1%減)と減収減益を見込むものの、小幅な減益にとどまるほか、株価が5月以降下落基調にあっただけに、アク抜け感から買いが入っているようだ。緊急事態宣言解除後に受注件数が持ち直していることが要因としているという。また、ファーストフード、持ち帰り主体の中食業界の企業などで、同社グループへの依頼数が増えている企業もあり、これらも寄与するという。なお、第1四半期(3~5月)決算は、売上高31億9100万円(前年同期比5.4%減)、営業利益6900万円(同53.6%減)、純利益3600万円(同66.4%減)だった。

■PR TIMES <3922>  3,080円  +500 円 (+19.4%) ストップ高買い気配   11:30現在
 PR TIMES<3922>がストップ高の3080円水準でカイ気配となっている。14日の取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)単独決算は、売上高8億1900万円、営業利益2億7700万円、最終利益3億8100万円だった。今期から単独決算に移行したため前年同期との比較はないものの、前年同期の連結決算との比較では21.4%増収、38.3%営業増益と大幅増益となっており、これが好感されている。利用企業社数が前年同期比31.9%増の3万9940社に拡大したほか、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、プレスリリースが前年同期比15.1%増の4万2926件に伸長したことが業績を牽引。また、テレビCMを停止したことも寄与した。同時に、8月4日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しており、これも好材料視されているようだ。

■メディカルネット <3645>  539円  +80 円 (+17.4%) ストップ高   11:30現在
 メディカルネット<3645>が寄り付き大口買いに値がつかずカイ気配スタートとなり、そのまま株価水準を切り上げている。同社は矯正歯科など保険外の自由診療歯科向け検索サイトを運営している。14日取引終了後に発表した21年5月期業績予想は営業利益が1億1000万円~2億円(前期実績は1億600万円)を予想しており、業績回復への期待が膨らんでいる。また同日、岡山大学とITを活用した特許出願中の口臭センサーの開発を進めていることも発表しており、これも材料視される形となった。

■AMBITION <3300>  678円  +100 円 (+17.3%) ストップ高買い気配   11:30現在
 AMBITION<3300>がストップ高カイ気配となっている。14日の取引終了後、緊急事態宣言の発令を受けて5月15日に下方修正した20年6月期の経常利益を前回予想の3億9600万円(前期比72.4%減)から7億9900万円(同44.2%減)へ上方修正しており、これが好材料視されている。緊急事態宣言の解除後に金融機関の業務体制が復旧し、インベスト事業で停止していた契約済み案件の決済が想定を上回るペースで完了したことで、21年6月期への期ずれ懸念が浮上していた売上高と営業利益の一部を計上することができることになった。また、業績不振を見込んでいた賃貸仲介事業の成約本数も前回予想を上回ったという。併せて、期末一括配当を従来予想の3円10銭から7円58銭(前の期は25円)に増額修正したことも好感されている。

●ストップ高銘柄
 ダントーHD <5337>  169円  +50 円 (+42.0%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、8銘柄

●ストップ安銘柄
 WT天然ガス <1689>  1円  -1 円 (-50.0%) ストップ安   11:30現在
 チームスピリット <4397>  2,287円  -500 円 (-17.9%) ストップ安   11:30現在
 以上、2銘柄

株探ニュース

日経平均