市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月17日記)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 日経平均株価は、4月の高値2万2362円を超えられず、年末へ向けて下げるという見方が正しければ、7月の高値2万1823円付近が強く意識されて、目先の価格がすぐに上値を抑えられる動きになる公算です。

 その場合、短期の天井型を形成して下降を開始するか、本日以降、すぐに下降の流れへ入るのかのどちらかの展開が考えられます。

 昨晩のNYダウが下げたため、本日の日経平均株価は寄りつき値が下放れて始まる公算です。

 寄りつきでの下げをきっかけにして、本日は下値を試す動きになる可能性があります。

 現在が戻り高値を確認する作業の途中なら、本日は、13日の安値2万1820円付近か、その手前で下値を支えられる動きになる公算です。

 そうならなければ、2万2019円が戻り高値になって、すでに下降の流れへ入っているという見方が有力になります。


情報提供:パワートレンド=伊藤智洋のPower Trend

 ⇒⇒ 株探プレミアムで「伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】」(日曜日朝に配信)が始まりました!

【伊藤智洋 プロフィール】
1996年に投資情報サービス設立。メールマガジン、株価、商品、為替の市況をネット上で配信中。最新刊「勝ち続ける投資家になるための 株価予測の技術[決定版]」(日本実業出版社)、「儲かる! 相場の教科書 ローソク足チャート 究極の読み方・使い方」(日本実業出版社)など著書多数。

株探ニュース

日経平均