市場ニュース

戻る

【材料】国際帝石など資源開発関連売られる、世界景気後退懸念のなかWTI原油価格急落を嫌気

国際石開帝石 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>など資源開発関連株が下値を探る動きを余儀なくされている。米国などで長短金利の逆転現象が起きたことで世界景気後退に対する警戒感がにわかに高まっている。そのなか、原油市況も大幅に軟化しており、前日のWTI原油先物価格は1ドル87セント安の1バレル=55ドル23セントと急落、これを背景に米株市場ではシェブロンやエクソンモービルなどのエネルギー関連株が4%前後の大幅安となった。この流れが東京市場にも波及、原油市況と株価連動性の高い銘柄に売りがかさんでいる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均