市場ニュース

戻る

【市況】明日の株式相場見通し=全般は買い意欲盛り上がらず、一部内需株に物色の矛先

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 あす(22日)の東京株式市場は、米中貿易摩擦の先行き懸念が持続するなかで、株価指数先物に左右されやすい全体相場は、買い意欲の盛り上がりを欠く状態となりそうだ。ただ、米中貿易問題と比較的関わりの薄いとされる内需系の一部の銘柄に物色の矛先を向ける動きは活発化しそうだ。

 市場関係者からは「インテルやクアルコムなど米半導体関連企業が中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)への新規の部品供給を停止するとの報道を受け、きょうの東京株式市場でも半導体関連銘柄が売られ、これが日経平均の下げにつながった。ただ、一方で米中貿易摩擦のマイナス影響が限定的とみられる、リクルートホールディングス<6098>、オリエンタルランド<4661>、JR東日本<9020>、三井不動産<8801>といった内需系銘柄には頑強な値動きが目立った」との見方が出ていた。

 21日の東京株式市場は売り優勢の地合いだった。日経平均は安く始まった後に下げ渋り、後場寄りには一時プラス転換する場面もあったが、後半は買いが続かなかった。日経平均株価終値は、前日比29円28銭安の2万1272円45銭と小幅反落した。

 日程面では、4月の貿易統計、3月の機械受注統計調査、4月の全国スーパー売上高に注目。海外では、経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(4月30日~5月1日開催分)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均