市場ニュース

戻る

【特集】横山利香の「株探の歩き方」第2回 ─“決算の株探”の真骨頂(後編)

第2回 「決算速報、“決算の株探”の真骨頂(後編)」

横山利香(ファイナンシャルプランナー、テクニカルアナリスト)
◆株は美人投票、異なる視点での評価もチェック

 その日に発表された決算を“自分基準”の評価で確認を終えても、それで終わりではありません。というのも、株式投資は“美人投票”です。自分がいいと思っても、他の投資家がいいと思って評価してくれなければ買われませんから、株価は上がりません。他の投資家たちがどの企業の決算をよいと考えているのか、確認しなければなりません。

 そこで、今度はトップページの「決算速報【リアルタイム配信中】」のコーナーに戻ります。「決算速報【リアルタイム配信中】」の下に、「★本日の【サプライズ決算】速報 」と「★本日の【イチオシ決算】 」が掲載されていますので、どの銘柄の決算内容が評価されているのかを必ず確認しましょう。なお、「★本日の【サプライズ決算】」は決算発表の集中期間には続々と発表される決算を反映させるため、「速報」(16時頃配信)のほかに「続報(18時頃)」の2本が配信されています。有料のサービスの株探プレミアムではさらに「超速報」(15時15分)、「超速報・続報」(15時40分)の2本が配信されます。

 「★本日の【サプライズ決算】速報 」をクリックすると、編集部が選んだサプライズ決算の銘柄が表示されます。サプライズ決算では最高益や大幅増益、上方修正など好業績を発表した企業がピックアップされています。

 また、「★本日の【イチオシ決算】」をクリックすると、編集部が注目すべきと判断した“イチオシ決算”の銘柄が表示されます。

 ちなみに、サプライズ決算とイチオシ決算に選ばれたからといって、翌日に買われるとは限りませんが、他人がどういったポイントを重視して銘柄を選んでいるのかは参考になります。必ず確認しましょう。

●図3 本日の【サプライズ決算】速報、明日の市場が驚く銘柄は?
市場ニュース

◆小技の効いた便利機能も活躍

 なお、上場企業は数千にものぼりますから、名前を知らない企業も数多くあります。そういった場合は、どのような事業を展開している企業なのかを把握しておかなければなりません。

●図4 横山利香イチオシのポップアップ・ウィンドウ
市場ニュース

 株探では、記事で表示される銘柄には4桁の銘柄コードが必ず掲載されています。この銘柄コードにカーソルを合わせると、企業のチャートなどが表示される小さなウィンドウが自動で立ち上がります。ウィンドウのなかにある「概要・株価」にカーソルをもっていくとその企業のプロフィールなどの情報が、「チャート」では株価の動きが、「ニュース」では銘柄に関するニュースや開示情報が表示されます。知らない企業の場合には、この機能を活用することで、どのような企業なのかを簡単に把握できるようになっています。わざわざその銘柄の個別ページに移動せずに、簡単に銘柄の概要、株価動向、関連ニュースを把握できるとても便利な機能です。ぜひ活用してください。

 決算発表の作業の流れは、ここまで終わって一連の流れが完結と言えるでしょう。決算発表が多い時は大変ですから、まずは少ない時期を狙って決算発表の確認作業に挑戦してみるといいかもしれませんね。次の第3回目では動意株と材料を結ぶ「株価注意報」を中心に歩いてみましょう。(横山利香)


■「もっと株探」■

 横山さんの「株探の歩き方」の第2回目では「決算速報」を取り上げました。横山さんが活用する「株探」の業績分析ツール、その鋭さに磨きをかけたのが有料の会員サービスである「株探プレミアム」です。特に「株探プレミアム」が提供する以下の機能で(2)と(3)には要注目です。決算発表シーズンを迎える投資家には無くてはならないツールといえます。(1)お気に入り銘柄機能(登録無制限)、(2)20年間の業績表示、(3)5年間の業績修正履歴、(4)株価と特報記事のリアルタイム化、(5)広告非表示といった一歩先を行く投資家のための“新たな価値を生む”サービス。関心をお持ちになった方は是非「株探プレミアム」の紹介ページをご覧ください。

 また、「株探」全般に関するヘルプページもございます。こちらでも株探プレミアムのサービス内容、会員登録やプランについてなど、ユーザーの方からよく寄せられる問い合わせへの回答を掲載しています。

 さて、「株探」の隠れ機能を今回もご紹介しましょう。ユーザーの皆さんが最も使う「株探」の機能の一つがページ上部にある「検索窓」だと思います。情報を求めてコード番号や社名を日に何度も打ち込んでいる方も多いことでしょう。

図A.「株探」の検索窓
検索窓

 実はこの「検索窓」は幅広いキーワードでの検索が可能です。検索窓の隣に「検索」「テーマ」「ニュース」と3つのボタンが並んでおり、「テーマ」や「ニュース」でも検索ができます。

 試しに旬のテーマである「5G」と入力し、「テーマ」のボタンを押してみます。検索結果が表示されたら、「●テーマ名に「5G」を含むテーマ」から「5G」をクリック。すると「5G(第5世代移動通信システム)関連が株式テーマの銘柄一覧」に移動します。

図B.「5G」のテーマ検索結果
5G
図C.「5G」のテーマページ・銘柄一覧
5G

 同様に「検索窓」に「5G」と打って「ニュース」ボタンを押すと「5G」に関わる株探配信ニュースがズラリと並びます。

 でも、ここまでは確かにすごいけど普通。「株探」のおもしろいところはここから。試しに「柳井正」と入力して検索。ファーストリテイリング <9983> が表示されます。「前澤友作」ではZOZO <3092> が表示されます。

 あまり知られていませんが、この検索窓は人名だけではなく商品名や一部子会社名、旧社名などでも検索が可能。「チキンラーメン」と入れれば日清食品ホールディングス <2897> が、「リカちゃん」ではタカラトミー <7867> が(そういえば今回の「株探の歩き方」を執筆された横山さんも「利香」さんですね)、「ポケモン」では鉄板の任天堂 <7974> のほか、ポケモンパンの第一屋製パン <2215> までこのキャラクターに関連する企業が並んで表示されます。「お父さん犬」でソフトバンクグループ <9984> とソフトバンク <9434> も探せます。

 正直、誰が使うの?と思われるかもしれませんが、気になる商品を見つけたときや、商品名やブランドがわかっても会社名がわからないときなどには役に立ちます。こんなキーワードでも探せるようにして!という要望がありましたらリクエストをお願いします。 (編集部)

 >> 第3回目に続く

株探ニュース

日経平均