市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は動意薄、今後の値動きに思惑交錯

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

 22日午後の東京市場でドル・円は111円90銭台と、動意の薄い値動きが続く。先週の高値112円17銭(年初来高値)と安値111円77銭のレンジ内でのもみ合い。ある短期筋は、明日以降に取引が本格化すれば、ドルが上昇と下落のどちらの方向に振れても「不自然ではない」との見方を示す。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円86銭から111円99銭。ユーロ・円は125円74銭から125円93銭、ユーロ・ドルは、1.1236ドルから1.1247ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均