市場ニュース

戻る

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月25日発表分)


 【好材料】  ――――――――――――

■トランスジェニック <2342> [東証M]
新規肺がんマーカー「スプライスバリアント型α-アクチニン-4」に対する抗体とその診断応用について欧州特許査定を受領。

■日本和装ホールディングス <2499> [東証2]
発行済み株式数(自社株を除く)の3.6%にあたる33万株(金額で1.1億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は4月1日から9月30日まで。

■ダイドーグループホールディングス <2590>
3月国内飲料事業の販売函数は前年同月比2.4%増と前年比プラスに転じた。

■サムティ <3244>
京都と名古屋に新たに2ホテルを開発。仏アコーをオペレーターとして2020年に開業する。

■レカム <3323> [JQ]
エフティグループ <2763> [JQ]アセアン子会社5社の全体株式の80%を取得し連結子会社化する。

■ワールド <3612>
オンラインカスタムシャツブランドを展開する米オリジナル社の株式を追加取得し子会社化する。取得価額は約22.3億円。取得後の保有比率は60.0%となる。

■SHIFT <3697> [東証M]
米ペガシステムズの日本法人とアライアンス契約を締結。ペガ社が提供するDPA(デジタルプロセスオートメーション)ツールやアプリケーションの活用における導入支援とテストの領域を担う。

■インターネットイニシアティブ <3774>
持分法適用関連会社のディーカレットが仮想通貨交換業者として登録完了。

■IGポート <3791> [JQ]
劇場アニメーション「鹿の王」の制作を決定。また、実写映画レーベル「シネマラボ」を設立。

■北越コーポレーション <3865>
セルロースナノファイバーと炭素繊維を融合させた複合材料を開発。

■テラスカイ <3915>
4月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

■セントラル硝子 <4044>
今期経常を11%上方修正。

■リケンテクノス <4220>
中期経営計画を策定。22年3月期に営業利益85億円(19年3月期計画は63億円)を目指す。

■ケネディクス <4321>
Fifth Wall Venturesが新たに組成する投資ファンドへ約22億円出資する。

■大塚ホールディングス <4578>
アルツハイマー型認知症に伴う行動障害を対象とした「AVP-786」のフェーズ3試験結果速報を発表。「AVP-786」の2つの用量のうち一方の用量で、主要評価項目であるCMAIで統計学的に有意な改善が見られた。

■太陽ホールディングス <4626>
日本ベーリンガーインゲルハイムが国内で製造販売する長期収載品「メキシチール」を譲受。

■アイサンテクノロジー <4667> [JQ]
飛鳥村、名古屋大学、ティアフォー、損害保険ジャパン日本興亜と自動運転技術を活用したモビリティサービスの実用化に向けた連携協定を締結。

■楽天 <4755>
楽天ウォレットの仮想通貨交換業者への登録が完了。

■SAMURAI&J PARTNERS <4764> [JQG]
大手自動車メーカーから異種DBレプリケーションソフト「FC Replicator2」ライセンスを追加受注。

■ジャニス工業 <5342> [名証2]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.0%にあたる3万6000株(金額で3240万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月26日から20年2月29日まで。

■古河機械金属 <5715>
今期経常を9%上方修正。

■元旦ビューティ工業 <5935> [JQ]
今期最終を3.3倍上方修正・26期ぶり最高益更新へ。

■小森コーポレーション <6349>
発行済み株式数(自社株を除く)の4.0%にあたる230万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は4月1日から11月30日まで。また、発行済み株式数の6.42%にあたる400万株の自社株を消却する。消却予定日は4月26日。

■三菱電機 <6503>
未定だった今期配当は40円実施。

■芝浦メカトロニクス <6590>
今期経常を22%上方修正、配当も20円増額。

■トランザス <6696> [東証M]
プラットフォームメディアの構築を展開する合弁会社をNSCホールディングスと設立。

■ルネサスエレクトロニクス <6723>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.2%にあたる2000万株(金額で100億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月26日から20年3月25日まで。

■西日本フィナンシャルホールディングス <7189>
発行済み株式数の1.77%にあたる300万株の自社株を消却する。消却予定日は3月29日。

■芙蓉総合リース <8424>
東京電力エナジーパートナー、ファームシップと国内最大規模の植物工場を運営する合弁会社を設立する。20年春頃の操業開始を目指す。

■大和証券グループ本社 <8601>
高齢者向け施設・住宅を運営するオリックス・リビングの全株式を取得し子会社化する。

■マネーパートナーズグループ <8732>
大和証券グループ本社 <8601> と業務提携。ブロックチェーン技術を活用した業務やコンサルティングで連携する。また、大和を割当先とする10億円の新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行する。そのほか、仮想通貨交換業を運営する子会社を設立する。

■東京海上ホールディングス <8766>
発行済み株式数の1.35%にあたる970万株の自社株を消却する。消却予定日は3月29日。

■鴻池運輸 <9025>
インドで鉄道コンテナ輸送事業に加え、自動車の鉄道輸送事業に参入する。

■スターフライヤー <9206> [東証2]
2月旅客数は前年同月比2.7%増の12万0818人。

■スマートバリュー <9417>
東証が26日付で貸借銘柄に選定。株式流動性の向上による売買活性化が期待される。

■セントラル警備保障 <9740>
電気通信システムと電気設備の設計・施工を手掛けるシーティディーネットワークスの株式51.0%を取得し子会社化する。

■アークランドサカモト <9842>
今期経常は3%増で3期連続最高益更新へ。

■ミスミグループ本社 <9962>
2月売上高は前年同月比2.1%増と増収基調が続いた。

 【悪材料】  ――――――――――――

■大光 <3160>
6-2月期(3Q累計)経常が22%減益で着地・12-2月期も31%減益。

■日本製麻 <3306> [東証2]
未定だった今期配当は1円減配。

■フェイスネットワーク <3489> [東証M]
今期経常を一転19%減益に下方修正。

■ネクストジェン <3842> [JQG]
今期経常を一転80%減益に下方修正。

■窪田製薬ホールディングス <4596> [東証M]
東証と日証金が26日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

■日本ガイシ <5333>
今期経常を7%下方修正。

■アルメタックス <5928> [東証2]
非開示だった今期経常は赤字転落へ。

■壱番屋 <7630>
前期経常を一転4%減益に下方修正。

■岡三証券グループ <8609>
未定だった今期配当は10円減配。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■日本電波工業 <6779>
中国子会社の工場移転に伴う土地使用権の返却により、売却益約18億円を計上する。一方、未定だった今期配当は無配転落。

※3月25日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2019年3月25日]

株探ニュース

日経平均