市場ニュース

戻る

【通貨】仮想通貨イーサリアムのマイニング報酬額 過去最低を記録


仮想通貨イーサリアム(ETH)の1日あたりのマイニング報酬額が過去最低を記録した。11日のEtherscanのデータから明らかになった。

Ethersacanによると、2月10日に新たに発行されたETHは1万3370ETH。2015年の7月30日につけた過去最高の3万9000ETHの3分の1未満となっている。背景にあるのは、イーサリアムのマイニング難易度の上昇だ。

既報の通り、イーサリアムのコア開発者は、新たなアルゴリズムであるプルーフオブステーク(PoS)への移行を促すため、現在のプルーフオブワーク(PoW)のマインイング難易度を任意で上昇される「ディフィカルティ・ボム」を計画した。ただ、イーサリアムのPoS移行は遅れており、ディフィカルティ・ボムの導入も延期してきた。

また、イーサリアムのコア開発者は、PoSへの移行をスムーズに促すハードフォーク「コンスタンティノープル」で、1ブロックあたりの報酬を3ETHから2ETHに減額するという決定。このハードフォークは728万ブロック目で行われる予定で、今月27日が推定されている。

(記事提供:コインテレグラフ日本版)
コインテレグラフ日本版は世界中で読まれている仮想通貨ニュースメディア大手「Cointelegraph」の日本語版です。新聞社やTV局出身者で構成される編集部が海外チームと連携しながら、仮想通貨相場を動かすニュースを発信し続けています。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均