市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:株安を意識してドルは上げ渋る展開

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

16日午前の東京市場でドル・円は108円50銭台で推移。日経平均株価は150円安で推移しており、株高期待はあるものの、現時点でリスク選好的なドル買いは増えていないようだ。ただ、108円近辺には顧客筋のドル買い注文が入っており、ドルは108円台前半で下げ渋る見込み。英国議会で欧州連合(EU)離脱協定案は大差で否決されたが、現時点で金融市場に大きな混乱は生じていない。米国株高を意識してリスク回避的な円買いは抑制されるとみられる。ここまでのドル・円は108円55銭から108円72銭で推移。
・ユーロ・円は、123円82銭から124円07銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1404ドルから1.1415ドルで推移

■今後のポイント
・107円が目先における下値目途に
・米中貿易協議進展への期待でリスク回避のドル売り抑制も
・日本の通貨当局の対応に注目

・NY原油先物(時間外取引):高値52.03ドル 安値51.78ドル 直近値51.82ドル

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均