市場ニュース

戻る

【通貨】10月18日のNY為替概況

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円62銭から111円95銭まで下落し、112円15銭で引けた。

人民元が対ドルで2017年1月来の安値を更新し、米中貿易摩擦深刻化への懸念が広がったほか、ムニューシン米財務長官がサウジアラビアで開催予定の国際会合への参加取りやめを発表したことを受けて、米国とサウジアラビアの関係悪化が懸念され、リスク回避のドル売り・円買いに拍車がかかった。

ユーロ・ドルは、1.1518ドルから1.1452ドルまで下落し、1.1460ドルで引けた。

欧州委員会がイタリアの予算案が「前例のない逸脱」と非難し、深刻な懸念を表明。また、ドラギ総裁もEUのルールにチャレンジする諸国がリスクを生むと警告した。このため、イタリア債の利回りが2014年来の高水準に達したため警戒感か強まり、ユーロ売りに拍車がかかった。

ユーロ・円は、129円52銭から128円32銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.3109ドルから1.3016ドルまで下落した。低調な英国の小売りや、ブレグジットへの不透明感がポンド売りに拍車をかけた。

ドル・スイスは、0.9975フランへ上昇後、0.9935フランまで反落した。

  

【経済指標】・米・10月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:22.2(予想:20.0、9月:22.9)・米・先週分新規失業保険申請件数:21.0万件(予想:21.1万件、前回:21.5万件←21.4万件)・米・失業保険継続受給者数:164.0万人(予想:166.3万人、前回:165.3万人←166.0万人)・米・9月景気先行指数:前月比+0.5%(予想:+0.5%、8月:+0.4%)

《KY》

 提供:フィスコ

日経平均