市場ニュース

戻る

【市況】10日のNY市場は下落


NYDOW  : 25313.14 (-196.09)
NASDAQ  : 7839.11 (-52.67)
CME225  : 22180 (-120(大証比))

[NY市場データ]

10日のNY市場は下落。ダウ平均は196.09ドル安の25313.14、ナスダックは52.67ポイント安の7839.11で取引を終了した。トランプ大統領がトルコから輸入する鉄鋼及びアルミニウムへの関税額を2倍に引き上げたことにより、トルコ・リラが急落するなど金融市場の混乱を招き、株式相場も終日軟調推移となった。セクター別では、食品・生活必需品小売やエネルギーが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の22180円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、NTT<9432>、三菱UFJ<8306>、東京海上HD<8766>、ファーストリテ<9983>、エーザイ<4523>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>など、対東証比較(1ドル110.83円換算)で全般軟調。

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均