市場ニュース

戻る

【材料】三菱自---大幅反落、第1四半期は想定やや上回る実績も期待感先行の反動

三菱自 <日足> 「株探」多機能チャートより

三菱自<7211>は大幅反落。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は281億円で前年同期比36.3%増益となった。会社側通期計画の増益率12.0%増益に対して順調な進捗となっているほか、市場コンセンサスも20億円程度上回ったとみられる。ASEANでの販売好調やコスト抑制が効いた。ただ、前四半期の336億円からは水準が減少しているほか、北米の営業損益悪化なども不透明要因となり、期待感先行の反動が強まる動きになっている。
《US》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均