市場ニュース

戻る

【経済】今週の南アランドは上値重く…PPIをチェック サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。今日は高金利通貨である南アランドについてのレポートをご紹介します。

レポートではまず、南アランドの値動きについて『先週の南アランド円は下落した。6月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.4%、前年同月比+4.6%となり、いずれも市場予想を下回った。6月小売売上高は+1.9%となり、市場予想を上回った』と伝えています。

続いて、『19日の南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)金融政策会合では、予想通りに政策金利を6.50%に据え置いた。クガニャゴSARB総裁は声明で、経済成長見通しとインフレ予想をいずれも下方修正した』と述べています。加えて、『経済成長は、2018年1.7%→1.2%、2019年1.9%→1.7%、インフレ見通しは、2018年4.9%→4.8%、2019年5.2%→5.6%。また、世界的な貿易戦争の影響で、南アフリカは苦しむことになると述べた』と解説しています。

為替市場では、先週のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言で、FRBが今年あと2回の利上げをする方針であることが確認されました。その後、トランプ米大統領がドル高に不満を示し、利上げ実施に対して懸念を表明したことを受けてドルが下落。このことについて、レポートでは『円高もあってクロス円は全般に上値が重くなっている』として、『今週の南アランド円は、上値の重い展開が続くだろう』との見解を示しています。

一方で、先週発表された6月CPIが落ち着いた内容であることに言及し、『南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)のインフレ目標の3.0-6.0%におさまっていたことはサポート要因になるだろう。また、8円割れの水準ではスワップ狙いに本邦個人投資家の買いが入ることが予想される』とも分析しています。

最後に、今週の注目ポイントについて『今週は6月生産者物価指数(PPI)が注目される。CPI同様に低下していれば好感されるだろう』と考察しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の7月23日付「南アランド円相場、先週の動き・今週の展望」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター三井智映子

《HH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均