市場ニュース

戻る
2018年07月04日12時37分

【材料】ALサービス---急落で一時下落率トップ、既存店売上高の鈍化傾向をマイナス視

ALサービス <日足> 「株探」多機能チャートより

ALサービス<3085>は急落で一時下落率トップ。前日に発表した6月の月次動向がマイナス視されている。かつやの既存店売上高は前年同月比3.5%減と2カ月連続の前年割れとなった。客数が同4.3%減と落ち込んだことが背景。第1四半期と比較して、4-6月期は鈍化傾向が鮮明化していることで、上半期業績の下振れなども警戒される状況になっているとみられる。
《HH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均