市場ニュース

戻る

【通貨】6月11日のNY為替概況

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 11日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円85銭から110円12銭まで上昇後110円05銭で引けた。

米朝首脳会談の実現に慎重ながら期待感が広がり、ドル買い・円売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1775ドルまで下落後、1.1814ドルまで上昇し1.1785ドルで引けた。

イタリアのジョバンニ・トリア伊財務相が地元紙とのインタビューで、イタリアがユーロを離脱する協議をしていないことを明らかにすると、警戒感が後退。ユーロのショートカバーに拍車がかかった。

ユーロ・円は、129円43銭から129円90銭まで上昇。

ポンド・ドルは、1.3363ドルから1.3403ドルまで上昇した。

ドル・スイスは、0.9868フランから0.9841フランまで下落した。

 
 


  [経済指標]・特になし

《KY》

 提供:フィスコ

日経平均