市場ニュース

戻る
2018年05月29日11時21分

【通貨】東京為替:ドル・円は一時108円92銭、米長期金利低下を意識したドル売り

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

29日午前の東京市場でドル・円は一時109円を割り込み、108円92銭まで弱含んだ。米10年債利回りが2.884%まで低下し、ドル売りが強まった。足元は米金利の低下一服で、ドルは109円台に戻している。ただ、欧州政治リスクで市場センチメントは悪化しており、ドルの戻りは鈍いだろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円92銭から109円47銭、ユーロ・円は126円51銭から127円28銭、ユーロ・ドルは、1.1621ドルから1.1633ドルで推移した。

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均