市場ニュース

戻る

【材料】フジ日本精糖<2114>のフィスコ二期業績予想

フジ日本 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年5月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

フジ日本精糖<2114>

3ヶ月後
予想株価
685円

双日グループの中堅製糖会社。食品添加物なども手掛ける。食物繊維「イヌリン」を砂糖から作ることに成功し、機能性表示食品の認証を取得。食品会社などに原料提案して増販狙う。海外開拓も強化。18.3期は二桁増益。

精糖は競争激しいが、加工費・販売費などのコスト削減で利益捻出。機能性素材はイヌリンを軸に国内販売伸長。海外は東南アジアを中心に上向く。19.3期は利益続伸へ。株価は指標面から妥当な水準と見て横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/20,500/1,000/1,250/820/30.54/11.00
20.3連/F予/21,000/1,050/1,300/850/31.65/11.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/05/09
執筆者:JK

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均