市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は底堅い、米FOMC議事要旨発表控え

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

 23日午後の東京市場で、ドル・円は110円50銭付近で小動きとなっている。トルコリラ急落の影響でリスク回避的な円買いに振れやすいなか、ドルの戻りは鈍い。ただ、今晩公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では利上げ継続方針が堅持されるとの見方から、ドル売りには慎重のようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円38銭から110円92銭。ユーロ・円は129円71銭から130円66銭、ユーロ・ドルは1.1750ドルから1.1790ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均