市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円はもみあい、110円回復は夕方以降か

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

2日午後の東京市場でドル・円は109円70銭付近でもみあう展開が続く。日経平均株価は後場にやや下げ幅を拡大しており、警戒の円買いに振れやすい。一方、米10年債利回りの下げ渋りでドル売りは仕掛けづらく、目先も値動きは小幅にとどまろう。ある短期筋は「夕方以降に欧州通貨の売りを背景にドルが買われ、110円を回復する」との見方を示す。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円65銭から109円92銭、ユーロ・円は131円64銭から131円83銭、ユーロ・ドルは1.1988ドルから1.2010ドルで推移した。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均