市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円はやや値を上げる展開、豪ドル・ドルの影響も

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

1日午後の東京市場でドル・円はやや値を上げ、109円40銭台に接近している。豪準備銀は本日開催された定例会合で政策金利の据え置きを決定。市場の予想通りだが、引き続き利上げには慎重との見方から、豪ドル・ドルは豪ドル売り(ドル買い)に振れ、ドル・円を小幅に押し上げたようだ。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円24銭から109円39銭、ユーロ・円は131円97銭から132円14銭、ユーロ・ドルは1.2070ドルから1.2084ドルで推移した。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均