市場ニュース

戻る

【通貨】4月30日のNY為替概況

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 
 30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円45銭まで上昇後、109円09銭へ反落し109円35銭で引けた。

予想を下回った米国の経済指標や中東情勢の緊張を警戒し、一時ドルが伸び悩んだ。しかし、米国の金利先高感も根強く、ドルは底堅い展開となった。

ユーロ・ドルは、1.2064ドルまで下落後、1.2106ドルまで反発し、1.2075ドルで引けた。

ユーロ・円は、132円24銭から131円87銭へ下落。中東の地政学的リスクへの警戒感に円買いが優勢となった。

ポンド・ドルは、1.3724ドルから1.3786ドルまで上昇した。



ドル・スイスは、0.9921フランへ上昇後、0.9889フランへ反落した。

 

 [経済指標]・米・3月コアPCE価格指数:前年比+1.9%(予想:+1.9%、2月:+1.6%)・米・3月個人所得:前月比+0.3%(予想:+0.4%、2月:+0.3%←+0.4%)・米・3月個人消費支出:前月比+0.4%(予想:+0.4%、2月:+0.2%)・米・3月中古住宅販売成約件数:前月比+0.4%(予想:+0.7%、2月:+2.8%←+3.1%)・米・4月シカゴ購買部協会景気指数:57.6(予想:58.0、3月:57.4)・米・4月ダラス連銀製造業活動指数:21.8(予想:23.0、3月:22.8←21.4)

《KY》

 提供:フィスコ

日経平均