市場ニュース

戻る
2018年04月16日18時03分

【通貨】明日の為替相場見通し=米小売売上高などに注目

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米小売売上高などの内容が注目されそうだ。予想レンジは1ドル=106円80~107円80銭。

 この日のドルは、朝方は107円50銭前後で推移していたが午後2時には一時107円10銭台までドル安・円高が進んだ。米英仏3カ国によるシリア攻撃が相場に与えた影響は限定的だったが、17~18日に予定されている日米首脳会談を前にポジション調整のドル売りが出た様子だ。今晩は米3月小売売上高が発表される。米国の消費動向を探るうえで需要な指標であり、その結果が注目される。また、米4月NY連銀製造業景気指数も発表される。


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均