市場ニュース

戻る

【通貨】NY為替:ドル反落、FOMCは年内3回の利上げペースを維持との見方

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円64銭まで上昇後、105円88銭まで反落し、106円01銭で引けた。米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り政策金利を0.25%ポイント引き上げたため、一時ドル買いが優勢となった。しかし、2018年の金利見通しで4回の利上げの可能性が示唆されたが、金利予想の中間値が12月と同水準に維持されたほか、声明で経済活動や支出の判断が下方修正されたためドルは上げ渋った。

ユーロ・ドルは、1.2251ドルまで下落後、1.2350ドルへ反発して1.2344ドルで引けた。ユーロ・円は、130円31銭へ下落後、131円07銭へ急反発。ポンド・ドルは、1.4042ドルから1.4151ドルまで急伸した。ドル・スイスは、0.9550フランから0.9485フランへ下落した。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均