市場ニュース

戻る
2017年10月26日08時40分

【通貨】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆134円台前半で推移か

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.1714ドル(2015/8/24)まで反発した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で金融緩和策縮小を検討するとの思惑などで1.2092ドル(2017/08/29)まで上昇した。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から134円50銭(2017/10/25)まで買われた。スペイン・カタルーニャ自治州と中央政府による議論がただちに実現するかどうか微妙な状況だが、同州の独立回避に向けた動きが出ていることから、スペインの内政不安を嫌気したユーロ売りは引き続き抑制される可能性がある。

本日のユーロ・円は主に134円台前半で推移か。欧州中央銀行(ECB)の定例理事会の結果判明を待つ状況となる。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは133円台後半で下げ渋る展開になりそうだ。

【ユーロ売り要因】
・ECBは金融緩和策の早急な縮小は計画していないとの見方
・米年内追加利上げ&バランスシート縮小開始
・スペイン内政不安

【ユーロ買い要因】
・ECBは本日の理事会で2018年におけるQE縮小計画を発表するとの見方
・米長期金利低下
・スペイン・カタルーニャ自治州の独立回避の思惑広がる

《CS》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均