市場ニュース

戻る
2017年03月18日07時57分

【通貨】NY為替:米3月ミシガン大期待インフレが過去最低、金利低下でドル安112.57円

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円19銭から112円57銭まで下落し112円72銭で引けた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)がインフレ期待を判断する上で注視している米3月ミシガン大学消費者信頼感指数の5?10年期待インフレ率が過去最低を記録したため、債券利回りが低下。ドル売りに拍車がかかった。

ユーロ・ドルは、1.0728ドルから1.0756ドルまで上昇し1.0739ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測が後退しユーロ買い・ドル売りが継続。ユーロ・円は、121円54銭から120円82銭へ下落した。G20中央銀行総裁・財務相会合への警戒感に円の買戻しが優勢となった。ポンド・ドルは、1.2347ドルから1.2405ドルへ上昇した。英国の金利先高感が浮上しポンドの買戻しに拍車がかかった。ドル・スイスは、0.9954フランから0.9988フランへ上昇した。

《MT》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均