市場ニュース

戻る
2017年03月01日06時08分

【通貨】2月28日のNY為替概況

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 28日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円69銭へ下落したのち、112円41銭まで上昇した。

米国商務省が発表した10-12月期GDP改定値が予想を下回ったほか、トランプ米大統領の議会演説で期待されているほどの具体策が示されないとの警戒感からドル売り・円買いが強まった。その後、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを真剣に協議することになるだろうとの見通しを示すと、3月の利上げ観測が一段と強まりドル買いが再燃。

ユーロ・ドルは、1.0630ドルへ上昇後、1.0581ドルへ下落した。欧米金利差の拡大観測を受けたユーロ売り・ドル買いが強まった。ユーロ・円は、118円67銭へ下落後、119円02銭へ上昇。

ポンド・ドルは、1.2471ドルへ上昇後、1.2399ドルへ反落した。

ドル・スイスは、1.0059フランから1.0009フランまで下落した。


 【経済指標】・米・10-12月期GDP改定値:前期比年率+1.9%(予想:+2.1%、速報値:+1.9%)・米・10-12月期個人消費改定値:前期比年率+3.0%(予想:+2.6%、速報値:+2.5%)・米・1月卸売在庫:前月比-0.1%(予想:+0.4%、12月:+1.0%)・米・1月前渡商品貿易収支:?692億(予想‐660億ドル、12月?644億ドル)・米・2月消費者信頼感指数:114.8(予想:111.0、1月:111.6←111.8)・米・2月リッチモンド連銀製造業指数:17(予想:10、1月:12)・米・12月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数:前年比+5.58%(予想:+5.30%、11月:+5.20%←+5.27%)

《KY》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均