市場ニュース

戻る
2017年02月16日17時11分

【材料】アイ・エス・ビー---16年12月期売上高4.5%増、ソフトウェア受託開発等が堅調

アイエスビー <日足> 「株探」多機能チャートより

アイ・エス・ビー<9702>が2月14日に発表した2016年12月期決算は、売上高が前期比4.5%増の133.95億円、営業利益が同24.2%減の3.02億円、経常利益が同23.9%減の3.25億円、当期純利益が同3.3%減の1.75億円だった。

売上高に関して、ソフトウェアの受託開発等は、組込み分野が大きく増加し堅調な結果となった。組込み分野では、家電やAV関連をはじめ、車載などが大きく増加した。情報サービス、フィールドサービスの各分野も、前年同期を上回った。利益面に関して、売上高増加およびプロジェクト管理強化による収益性改善等が大きく寄与し、売上総利益は増加した。営業利益は、新事業展開にて共同開発していた企業への貸付金に対する貸倒引当金繰入額を計上したこと、また期首に見込んでいなかったM&A関連費用を計上したこと等により、販売費及び一般管理費が増加し、前年同期に比べ減少した。経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益も、営業利益の減少をうけて減少した。

17年12月期通期については、売上高が前期比26.9%増の170.00億円、営業利益が同124.7%増の6.80億円、経常利益が同115.3%増の7.00億円、当期純利益が同139.9%の4.20億円を見込んでいる。

《TN》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均