市場ニュース

戻る
2017年01月17日12時31分

【通貨】東京為替:ドル・円は114円05銭付近、ハード・ブレグジットに思惑

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

17日午前の東京外為市場では、ドル・円は114円05銭付近。今晩のメイ英首相による演説を控え「ハード・ブレグジット」に思惑が広がった。メイ首相の演説で欧州連合(EU)単一市場からの撤退を表明するとの見方から、日経平均株価の下落を手がかりにリスク回避的な円買いが強まり、ドル・円は一時113円83銭まで値を下げた。

日経平均がやや下げ幅を拡大して前引けたほか、ランチタイムの日経平均株価が軟調地合いとなり、目先の株安をにらんだドル売り・円買いに振れやすい。一方で、113円台では押し目買いが観測されており、目先も114円付近でもみあいそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは113円83銭から114円27銭、ユーロ・円は円120円81銭から121円17銭、ユーロ・ドルは1.0598ドルから1.0619ドルで推移した。


【要人発言】

・麻生財務相
「トランプ氏の大統領就任、日本は右往左往せず対応」

・石原経済再生相
「ポンド安、世界経済の不確実性をマーケットが注視」

《XH》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均