市場ニュース

戻る
2016年12月02日10時00分

【材料】<注目銘柄>=サンマルク、来期出店加速で業績回復に期待感

サンマルク <日足> 「株探」多機能チャートより
 サンマルクホールディングス<3395>は、複数業態を展開する飲食店チェーン。持株会社は管理、店舗開発、業態・商品開発、教育などの共通インフラ機能を担当し、業態別子会社が店舗運営を担っている。9月末時点の店舗数は、「サンマルクカフェ」、「生麺工房鎌倉パスタ」など合計876店(うちFC61店)を展開している。

 17年3月期第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高333億1100円(前年同期比1.8%増)、経常利益37億5700万円(同2.5%減)。主力のカフェは堅調だったものの、「ベーカリーレストラン・バケット」など商業施設を中心に出店するレストラン業態の既存店売上が苦戦した。17年3月期通期の経常利益を85億円から82億円(前期比3.2%増)へ下方修正した。ただ、来期は出店が加速する見通しにあり、増益を目指す。なかでも、ロードサイド、ショッピングセンター、スーパーマーケット併設など出店立地が多様な「倉式珈琲店」に期待が掛かる。

 来期の業績回復への期待感から、11月中旬以降株価は急上昇をみせている。ただ、PERは16倍台と、極端な割高水準には到っていない。(朱)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均