市場ニュース

戻る
2016年12月02日09時10分

【材料】原油ブルや石油資源開発などが上値追い継続、WTI原油先物価格が大幅続伸◇

石油資源 <日足> 「株探」多機能チャートより
 石油資源開発<1662>、日本海洋掘削<1606>など資源開発関連が上値追い継続、原油市況と連動するNEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN<2038>は大幅高で始まった。

 30日にウィーンで開催されたOPEC総会では大方の予想に反し減産で合意、これがサプライズとなってWTI原油先物価格は一気に4ドル以上の上昇となったが、前日も上昇基調が続き、1ドル62セント高の1バレル=51ドル6セントまで水準を切り上げ、終値ベースでは10月24日以来の50ドル台乗せを果たした。これを受けて前日の米国株市場ではシェブロンなどのエネルギー関連株が買われており、東京市場でも引き続き資源開発関連に買いが優勢の展開となっている。また、NN原油ブルが連動するドバイ原油価格も直近50ドル近辺まで上昇していることで、上値期待はなお強い。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均