市場ニュース

戻る
2016年11月30日10時47分

【材料】関電化の上昇に弾み、収益環境の改善顕著でテクニカル的にも一段高示唆

関電化 <日足> 「株探」多機能チャートより
 関東電化工業<4047>に継続的な買いが観測され上昇に弾みがついてきた。リチウムイオン電池用電解質はここまで収益面では足を引っ張ってきたが、電気自動車(EV)の世界的な普及で今後は追い風局面が予想されている。また、高速アクセスが可能な3次元NAND型メモリーの市場が急速な伸びをみせるなか、半導体向け特殊ガスの需要も増勢顕著で見直し買いを誘っているようだ。テクニカル的にも26週移動平均線とのマイナスカイ離を解消したほか、日足一目均衡表で雲抜けが目前、週足ベースでは直近雲抜けを果たしており一段の上昇が期待される場面。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均