市場ニュース

戻る
2016年11月29日15時12分

【材料】エルテスは4120円カイ気配で上場初日の取引を終える、新規上場3社の初日の動き◇

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 きょう東証マザーズ市場に新規上場したスタジオアタオ<3550>、エルテス<3967>、JMC<5704>のうち、エルテスは公開価格と同じ1790円カイ気配でスタートした後、気配値を切り上げる展開が続き、結局この日は値がつかず、気配値上限の4120円カイ気配で取引を終えた。

 一方、スタジオアタオは、午前9時49分に公開価格3030円を780円(25.7%)上回る3810円で初値をつけた後、10時29分に3405円まで下落。その後11時19分に4145円に上昇するなど荒い展開となったが、後場は売り優勢で、結局3570円で上場初日の取引を終了した。

 また、JMCは午後0時53分に公開価格960円を856円(89.2%)上回る1816円で初値をつけ、直後に1895円まで買われたものの、その後はほぼ一方的に換金売りに押される展開となり、午後2時58分には1570円まで売られた。引けにかけてやや戻したが、1599円で上場初日の取引を終えた。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均