市場ニュース

戻る
2016年11月29日13時07分

【材料】ソフトバンクが反発、13週移動平均を支えに押し目買い流入

ソフトバンク <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソフトバンクグループ<9984>が反発、13週移動平均線をサポートラインに押し目買いが優勢となっている。傘下の米スプリントの収益改善で業績は回復トレンドにある。スプリントの16年7~9月期は増収を確保し、最終損益は1億4000万ドル強の赤字と前年同期の赤字幅の約4分の1に縮小している。また、英半導体設計大手のアーム社の買収やサウジアラビアの政府系ファンド「PIF」などと共同で最大1000億ドル(日本円で約10兆4000億円)規模のテクノロジー分野に投資する巨大投資ファンドを設立するなど、IoT時代到来を意識した布石を着々と進めており、先高期待は依然として根強い。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均