市場ニュース

戻る
2016年11月16日11時36分

【材料】出光興産の目標株価を引き上げ、気になる合併は? SMBC日興証券(花田浩菜)(訂正)

出光興産 <日足> 「株探」多機能チャートより

 


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

SMBC日興証券は出光興産<5019>の業績予想を修正、目標株価の変更を発表しています。そのレポートが11/16付けの「Opening Bell」に掲載されていますので紹介しますね。

同レポートによると、SMBC日興証券は同社の『17/3期の予想実質営業利益を従来の935億円から787億円へ下方修正する』一方で、『18/3期は1,250億円から1,300億円へ、19/3期は1,280億円から1,371億円へ上方修正する』とのこと。
『為替前提を従来の100円から105円へ変更したことや、一般炭価格の上昇を織り込み、石油・石炭開発などの資源事業が改善するとみたことが主因』ということです。

そしてこの予想修正に基づいて『目標株価を2,000円から2,300円に引き上げる』としています。

一方、出光興産といえば、昭和シェル石油との経営統合問題が気になるところですよね。
現状は創業家の反対により困難な状況になっているようですが、同レポートはその今後の予想シナリオについて、
1、出光による昭和シェルの持分法会社化
2、同じく子会社化
3、経営統合の破談
4、創業家の翻意による合併の実現
と伝えています。

詳しくは11/16付けの「Opening Bell」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均