市場ニュース

戻る
2016年11月15日09時34分

【材料】マイネットが4連騰、1対2株の株式分割を好感◇

マイネット <日足> 「株探」多機能チャートより
 マイネット<3928>が4連騰。14日の取引終了後、12月31日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。投資単位当たりの金額を引き下げ、流動性を高めることで、より投資しやすい環境を整えるほか、投資家層の拡大を図ることを目的としている。

 同時に、16年12月期の連結業績予想について、従来予想の売上高60億円、営業利益3億円、純利益2億円を未定にすると発表した。クルーズ<2138>のゲーム事業に関する新設分割会社を取得したことで、業績見通しに不確定な要素が増えたことが要因という。

 なお、あわせて発表した第3四半期累計(1~9月)決算は、売上高42億4500万円、営業利益2億100万円、純利益1億6400万円だった。前年同期は四半期決算を行っていないため前年同期との比較はないが、7月にKADOKAWAから配信権を買収した「妖怪百姫たん!」などが寄与した。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均